ハロウィンから続く サタンの妨害

B884B111-0EB6-4F2D-B3D6-9A603D051E96

〈関連記事〉悪魔崇拝の祭日に 出鼻をくじかれたサタン/ロハスはダサい

ハロウィンは、霊的にしんどかった一日でした。

朝会の配信(月曜日)に出てきた一時滞在男性の声を聞くと、「死神」のような姿が思い浮かんでは 打ち消して、音声に集中するということの繰り返しでした。

屁理屈を捏ね、無感情に中心者に反逆し続けるのを聴いて、だんだん腹が立って気分が暗くなりました。

サタンというのは、「屈折していて、孤独で、ひねくれた感情を妬み恨みで攻撃し、あわよくばサタン側に引き込もうとしてくる」んだなと、感じました。

ラプトさんが、力強く愛で撃退し、守ってくださり、感謝の気持ちが溢れました。

神様とラプトさんは、最強だと思いました。

愛媛の教会には居なくとも、音声からだけでも、力強く義人を守ってくださっているのを感じ、胸が熱くなりました。

心から、感謝します。ありがとうございます。


昨日の職場は いつもより雰囲気が悪く、「悪ノリ」する状況が頻繁にありました。

サタンが、多数の同僚に入る事が頻繁にありました。

驚いたのは、普段は徳があるように見える人にも サタンが入ったと感じたことです。

悪魔崇拝者にとって重要な祭日は、いつもに増してかなり波長が悪いのだと思いました。

仕事中、あまりにしんどい時は、神様に助けを求めました。

ハロウィンの翌日、翌々日も、同僚やお客様の波長が悪くて 霊的に妨害・攻撃されたり、日常でもサタンが暴れ狂っているのを感じます。

仕事中であっても、合間にひたすら祈っています。

主の祝祭までは、いつも以上にサタンに打ち勝っていかなければならない期間ということですので、気が弛まぬよう心掛けたいと思います。

いつも以上に、御言葉を繰り返し聴き、たくさん賛美したいと思います。

皆様に、神様からの祝福がありますように。


神様から直接啓示を受けているのは、この世でたった一人の中心者RAPTさんのみです。

2016年秋の有料記事から、時代の中心者RAPTさんを通して 次元の高い神様の御言葉を 直接聞けます。

畏れ多くもありがたい、貴重な御言葉です。

サタンが獄に入れられる最後の成約時代だからこそ、神様は中心者を通して御言葉を伝えてくださっています。

この世のどんなことより御言葉を聞くことを優先せずして、何を得られようか、と真に思います。

どうか一人でも多くの方に読んでいただけますように。

有料記事は、こちらです。

広告