猫のヒステリーとサタンの関係。

075677B5-B696-4497-B286-E573EE40C5AD-18228-00000CD897A02E83

先日2日間、サタンの妨害があったことを記事にしました。

サタンは、信仰を破壊しようと本気で狙っている/黒いサタン/毎日の戸締り(過去記事)

その中の一つの妨害として、「動物に入り込んで妨害する」ということがありました。

私は、生後7ヶ月の猫を2匹 (雄・雌の兄弟) 飼っています。

オス猫は割と鈍感ですが、メス猫は怖がりで繊細です。

繊細なメス猫だけが、時々 人間に爪を立てたり嫌がらせをしてきます。

今回 妨害があった日はいつも以上に、やたらとしつこく爪を立ててきました。

嫌がらせをする時とそうでない時の差があまりにも激しいので、いつも「どうしてかな」と思っていました。

猫にも性格があるだろうし、メス特有のヒステリー的な性格なのかな?! と、はじめは思っていました。

ヒステリーを起こす時以外は、ものすごく穏やかで愛くるしい猫なので、余計に疑問に思いました。

先日のサタン攻撃のブログを更新した翌日、「猫にサタンが入り込むことがある」という霊感がふときました。

私はその時、「猫にもサタンが入り込むのか!!!」と、とても驚きました。

あのヒステリーが、サタンだったとは・・・。

自分では全くそんなことを考えつかなかったので、本当にびっくりしました。

神様は、本当に大事なことを教えてくださいます。

もしかしたら、私や家族の誰かが サタンの波長を家に持って帰ったのが 繊細なメス猫に取り付いて嫌がらせをしてきていたのかもしれません。

「人間サタン」ならぬ「猫サタン」状態ですね。(笑えませんが)

ペットも家族にとって大切な存在ですので、このことを放置することなく知ることができ、本当に良かったと思います。

神様、いつも大切なことを教えてくださり、心から感謝いたします。

このことを知ってから、自分や家族にサタンの影響が及んでいると感じた時は、同時にメス猫もサタンからお護りいただけるようお祈りするようになりました。

メス猫からサタンが出て行くのはあっという間で、お祈りは すぐに終わります。

多分、猫は人間のように複雑ではないからなんだと思いました。

メス猫のためにお祈りをした後からは、なんと!ヒステリーを起こさなくなり、爪を立てて嫌がらせをすることがなくなりました。

教えてくださった神様に感謝です。

猫に入り込むサタンは、お祈りしたらすぐに出て行って消えます。

人間も、「純粋で、シンプルに、限りなく罪を無くして、清くなり、神様に近づけるように」なれば、サタンがもし自分に入り込んできたとしても、お祈りですぐに出て行き、即座に滅ぼすことができるのかもしれないと思いました。

アダムとエバの場合も、女性にサタンが入って堕落していきました。

猫の場合も、例外なくメス猫にサタンが入りやすいのかも?!しれませんね。

人間も、女性は特に人間サタンになりやすいので、気をつけた方が良いと思います。

神様から、そんな戒めを悟らせてくださったように感じました。

皆様に、神様の祝福がありますように。


神様から直接啓示を受けているのは、この世でたった一人の中心者RAPTさんのみです。

2016年秋の有料記事から、時代の中心者RAPTさんを通して 次元の高い神様の御言葉を 直接聞けます。

畏れ多くもありがたい、貴重な御言葉です。

サタンが獄に入れられる最後の成約時代だからこそ、神様は中心者を通して御言葉を伝えてくださっています。

この世のどんなことより御言葉を聞くことを優先せずして、何を得られようか、と真に思います。

どうか一人でも多くの方に読んでいただけますように。

有料記事は、こちらです。

広告