9月9日に感じたサタンの波長/「都市伝説」などではなく「サタンは 本気で数字を重要視」してやっている

i-tried-it-bike-commuting-3

私は現在、片道30分の 自転車通勤をしています。

昨日9月9日の朝も、自転車に乗って通勤しました。

天気は快晴で、気持ち良い秋晴れでした。

体調も良かった筈ですが、何故か重苦しいものを感じながら運転し始めました。

やたらと信号に引っかかるし、ちょっとありえない形で人や車などが運転をやたらと遮ったりもしました。

ちなみに、普段は 賛美歌を口ずさみながら とても快適・スムーズに運転できます。

しかし昨日は、遮られることが多かったし、何よりも、肩や背中がズシッと重かったです。

こういう時は、特に気をつけて安全運転を心がけるようにしています。

昨日の感覚はかなり異様だったので、サタンの影響ではないかと思いました。

いつもの賛美歌を歌う余裕は全く無く、ただただひたすら必死に サタンの滅亡を三位・天使天軍に30分間祈り続けました。

道中20分を過ぎたあたりから、急にスッと体が軽くなり、三位・天使天軍が助けてくださったことが分かりました。

聖なる神様・御子様・聖霊様・天使天軍の皆様、祈りを聞いてくださり、心から感謝いたします。

仕事の最中に、ふと「あ、今日は9月9日だからか。」という霊感を感じました。

そして、職場にあるモニターから「メキシコで大地震」「秋田で震度5強」という固定映像が目に飛び込んできました。

9×9=18=6+6+6=サタン

サタンのやり口・パターンは、ラプトブログによって暴かれ、バレバレです。

それでもサタンは、強引に計画を実行しようと 虎視眈々と目論んでいるのでしょうが、ラプト理論を理解している者からすれば「悪あがきをしている哀れな存在」に感じます。

イルミナティが相変わらずこんなことを続けられるのも、時間の問題です。

「数字の666に関連する日を狙って、サタンが計画を実行する」のを、「都市伝説」などではなく「サタンが本気で数字を重要視してやっている」ことを、早く多くの人が真に知ってほしいです。

皆様に、神様の祝福がありますように。


神様から直接啓示を受けているのは、この世でたった一人の中心者RAPTさんのみです。

2016年秋の有料記事から、時代の中心者RAPTさんを通して 次元の高い神様の御言葉を 直接聞けます。

畏れ多くもありがたい、貴重な御言葉です。

サタンが獄に入れられる最後の成約時代だからこそ、神様は中心者を通して御言葉を伝えてくださっています。

この世のどんなことより御言葉を聞くことを優先せずして、何を得られようか、と真に思います。

どうか一人でも多くの方に読んでいただけますように。

有料記事は、こちらです。

広告