エサレン研究所は、人間サタン育成所/「非現実的で 特別な体験」を用意し、あえて高い料金設定で取り込むのが サタンの手口

bigfront

今年50周年を迎えるエサレン研究所は、アメリカ カリフォルニア州の海岸線にあるリトリートセンターです。

アメリカだけでなく、日本や全世界に「ニューエイジ思想」「ニューワールドオーダーに繋がる思想」を広め続けている研究所です。

私は、この研究所を「人間サタン育成所」と密かに呼んでいます。

私は昔、エサレンマッサージや研究所に興味を持っていた事がありました。

カリフォルニア州に住む友人を訪ねたついでに、ドライブがてら研究所に寄ってみたことがあります。

海沿いのドライブウェイに入ったとたん、空気が変わった感じがしました。

途中にあるインフォメーションセンターの職員の態度は、非常に悪かった印象があります。

無事 エサレン研究所に着き、入り口にいる人に中を見させて頂きたい旨を伝えたら、「事前に訪れる予約をしていないと、中に入れることはできない」と断られました。

「日本からこのために来たので、せめて中の本屋またはお土産屋さんだけでも見させてくれませんか?」と再度お願いしたのですが、頑として聞き入れてくれず、残念な気持ちでガッカリして帰ったのを覚えています。

ニューエイジの人々は オープンなイメージがあったのに、閉鎖的で 少し驚きもしました。


ラプトブログでは、「ニューエイジ思想」「ゲシュタルト療法」「トランスパーソナル心理学」について取り上げられています。

◼️ RAPT×読者対談〈第88弾〉悪魔崇拝を世界中に広めたニューエイジ・ムーブメントの恐怖。

◼️ RAPT×読者対談〈第89弾〉ニューエイジと満州と大本教と蝦夷共和国。背後にいるのは同じ一族。

◼️ RAPT×読者対談〈第84弾〉自己啓発もスピリチャル系も悪魔崇拝。

◼️ RAPT×読者対談〈第110弾〉インドとガンジーと神智学協会。インド独立運動もやはり源平合戦だった。

◼️ RAPT×読者対談〈第91弾〉悪魔崇拝と麻薬。

◼️ RAPT×読者対談〈第83弾〉アーシング、イヤシロチ、ヨガ……。余りに巨大な悪魔崇拝への入り口。

◼️ この世の神はとかく悪魔だらけ。ヨガ、アセンション、アガルタ関連の話には要注意です。

◼️ RAPT×読者対談〈第七弾〉神道とユダヤ教と悪魔教のつながり。悪魔教が日本に伝わった経緯。


エサレン研究所では、「ヨガ・瞑想・ゲシュタルト療法トランスパーソナル心理学・東洋哲学・禅・ダンスセラピー・ロルフィングフェルデンクライスタントラ セクシュアリティ・気孔・シャーマニズムハコミ心理学マインドフルネス錬金術・太極拳・エサレンマッサージ・パートナーワーク・ヒーリング・バガヴァッドギータ etc…」これらのワークショップが随時開催されています。

◻️ エサレン研究所 ワークショップ一覧


ラプト理論を知った今、上記WS内容を見ると、悪魔的なものが目白押しであることが 一目瞭然です。

私は以前、エサレンマッサージ研修がバリで一ヶ月間開催された時に、参加したことがあります。

ティーチャーは、ピースフルで安全・守られた環境の場を設定していると感じました。

ありのままの自分を受け入れ、認めてもらえ、初めてWSに参加した時は 傷ついた心が癒されます。

ワークショップに参加すると、エサレン研究所独特のゲシュタルト療法や優しい雰囲気に包まれ、オープンマインドになり、心が解放されます。

「無理することなく、ありのままの自分で ”今、ここにいる”ことが大切」というのが、エサレンの根本の思想です。

「善悪をなくし、ジャッジメントを手放し、宗教にとらわれることが無くなれば、世界は幸せになる」という思想に満ちています。

しかし、善悪を無くし、あらゆる宗教の垣根を取っ払おうとするのは、「神様への反逆」です。

また、「宗教の垣根を無くし、東洋と西洋の思想を統合させようとしている」ところは、「ニューワールドオーダーへの導き」と感じます。

エサレン研究所から生まれた「エサレンマッサージ」は、全世界のマッサージセラピストが究極のセラピーとして憧れるセラピーです。

研究所は、エサレンマッサージをきっかけとして 「最終的には、全世界において ニューエイジ思想を植え付ける大きな役割を果たしている」と 私は感じます。

イルミナティは、何十年も前から長い間計画を進めて、人間のありとあらゆる欲望を刺激しながら取り込んできたことが分かります。

「善悪を無くす」「全ては一つに繋がっている」「ありのままを受け入れる」ことで、満たされた人生を送れるのかというと、そうではないと思います。

むしろ、永久に答えを得ることはできず、成長することなく、満たされることもなく、最終的には ただただ虚しさだけが残ると思います。

ありのままを受け止めて、善悪を無くしたら、人は「考えること」をしなくなります。

そこが、サタンの狙いだと思います。

実際、エサレン研究所のティーチャーや訪れる参加者達は、なんだかふわふわしていたり、性欲を我慢しないことが自然だと思っていたり、自由とは なんでもありで 肉体の解放だと履き違えていたり、という印象を受けます。

典型的なヒッピーも、未だにかなり多く存在しています。

エサレン研究所は「理想郷などではけっしてなく、人々を堕落させる所」だと思います。

一度エサレン研究所を訪れた後、休暇のたびにしょっちゅう通うようになる人が多いと聞きます。

エサレンに行けば、ありのままの自分を認めてもらえるし、解放的な気分になるし、自然豊かで美味しくヘルシーな食べ物があるし、心と体が癒されるからでしょうか。

「気分が良いのは一時的で、家に帰ったら地獄が待っている」のであれば、むしろ精神状態を悪化させるのではないでしょうか。

しんどい時・大変な状況の時こそ、喜びに満たされていることが、本当の幸福だと思います。

サタンの主管するコミュニティにいると、自分に甘くなり、考えることを放棄し、なんでもありで許される堕落した精神が出来上がるような気がします。

神様と繋がっていれば、苦しい練達も喜びです。

エサレン研究所のマッサージや宿泊代金・WS料金は割高です。

あえて高い料金設定をし、「非現実的で 特別な体験」を用意して取り込むのが、サタンのありがちな手口です。

サタンにお金と時間と霊的な成長を投資して良いわけがありません。

神様は、「とにかく頭をフル回転させて考え、知恵をつけ、サタンに打ち勝っていかなければいけない」と、rapt blog有料記事の御言葉で教えてくださいます。

サタンの誘惑とは真逆の教えです。

「エサレン研究所に行こうと思っている人」「エサレンマッサージを学ぼうか迷っている方」「一度WSに参加したけど、何かが引っかかると思った方」は、「そこにサタンの思惑がある」ことを知ってください。

この記事で思いとどまってくださることを願います。

未だに エサレン研究所の虜になっている方は、サタンの思惑に1日も早く気付き、目覚め、真実を知って欲しいです。

そして、唯一絶対の本物の神様の言葉に出会ってください。

高い費用と時間を無駄にするのであれば、rapt blog有料記事を、一部でも、最初から全部でも、読んだら必ず救われます。

本物の神様は 厳しさの中に深い愛があります。

うやむやなことがなく、善悪がはっきりしています。

本当の心の平安を求め、スッキリ迷いなく生きたい方は、神様と出会ってください。

一人でも多くの方が、本物の神様に出会えることを、心から願っています。

皆様に、神様の祝福がありますように。


神様から直接啓示を受けているのは、この世でたった一人の中心者RAPTさんのみです。

2016年秋の有料記事から、時代の中心者RAPTさんを通して 次元の高い神様の御言葉を 直接聞けます。

畏れ多くもありがたい、貴重な御言葉です。

サタンが獄に入れられる最後の成約時代だからこそ、神様は中心者を通して御言葉を伝えてくださっています。

この世のどんなことより御言葉を聞くことを優先せずして、何を得られようか、と真に思います。

どうか一人でも多くの方に読んでいただけますように。

有料記事は、こちらです。


エサレン研究所

ニューエイジ運動の起源の一つは、エサレン(エザレン)研究所によるヒューマン・ポテンシャル運動(人間可能性運動)であり、60年代以降にアメリカで発展したさまざまな心理療法の理論や技法とも関連が深い西洋的な物質文明を批判して精神の変革を説き、東洋的な瞑想(メディテーション)の技術をその要素として持つニューエイジ運動の中でも、カルト宗教や自己啓発セミナーの領域では、一般にはあまり知られていないさまざまなマインド・コントロール技術が共有されており、これらが悪用された場合には、しばしば社会的な問題を引き起こすことになる。

日本ではオウム真理教の事件もあり一時期は停滞したが、「精神世界」市場の拡大・成熟と平行して、今でも少しずつ、しかし着実に浸透しつつある。

ニューエイジwiki


エサレン研究所ウェブサイト

以下、英語のサイトの翻訳を掲載しました。

(※翻訳ロボットなので、変な訳になっている箇所があります)


エサレン。その言葉自体は、冒険、未踏の国境、未だ実現されていない可能性の魅惑的なビジョンを呼び起こす。場所そのものの不思議、120エーカーの肥沃な土地が山と海の間に刻まれ、カスケード峡谷の流れと海の崖から噴出する熱い鉱泉が恵まれています。5月の午後遅く、7月の真夜中の霧、そして2月の雨がひどくて繊細な微妙な空気があります。10月の夜があるので、暗い庭の道に沿って歩くことができます。そしていつも海の音があります。

そしてそこに住んでいる人々、そしてその土地を愛する人々、世界中から集まってエサレンの50年間にわたる心・心・体・精神のオリンピックに参加した75万人の人々がいます他の求職者との交友の中でより深く、より豊かに、より永続的に「強い」、「より速く、より高い」ように自分自身をコミットしています。

彼らは、社会規範の制約を超えた思考や感情のシステムを考える知的自由を求めて来ました。彼らは、身体のリズムや潮汐で古代の知恵を再発見し、人生そのものの脈打つ時代の詩を再発見するようになりました。彼らは自己意識の奇跡を再発見するようになります。しばしば彼らは、学び、すべての人生を通して学び続ける激しい願望からインスパイアされています。

エサレンは世界的に手の届く場所です。アメリカに関するThomas Wolfeの言葉では、奇跡が起こるだけでなく、いつも起こる場所です。

Esalen Big Sur、カリフォルニアへようこそ


エサレンの歴史

エサレンは学校でも、教会でも、スパでも、旅館でも、修道院でもありません。。。しかもその独特の混合物には、上記の全てが含まれています。

山々が海に面している27エーカーのビッグ・サー(Big Sur)沿岸に位置し、魔法の美しさはエデンの園のような感じです。エセレンでは週に23万人の訪問者が訪れ、週末、1週間~1ヶ月以上訪れ、成長し、探索し、癒しをし、人類の最先端である未来を切り開いていきます。

マイケル・マーフィーとディック・プライスによって1962年に設立されたエサレンは、人間の潜在的な運動の発祥の地です。フロイトが病理に基づく人間の状態の肖像画を私たちに与えたところでは、マーフィーとプライスはアブラハム・マズローのより高い健康と最高の経験の心理学によって早い段階で触発されました。エサレンは、数多くの分野と多くの実践から得た数百人のワークショップリーダーの助けにより、訪問者に都市の喧騒からの聖域だけでなく、自分や社会の既存の限界の封筒を押し出す機会を与えます。

エサレンは、ゲシュタルト心理学から量子物理学哲学から経済学、身体活動から市民外交までの分野でのブレークスルーを誇っています。エサレンはボリス・エリツィンの米国訪問を後援し、その後すぐに共産党を辞任した。残りは、彼らが言うように、歴史です。

エサレンは知性と経験を調和させる可能性を何度も証明してきました。心と体; 科学と神秘主義; 内在性と超越性; 東と西; 瞑想と行動; 若々しい理想主義と時間を守った知恵。デマゴーグが恐怖や不安を抱かせようとする個人的、経済的ストレスの時に、エサレンは心と心、魂と身体、個人と社会との相互関係を探求し促進する重要な役割を果たし続けています。

教師、ボディーワーカー、作業奨学生、そしてゲストを歓迎する生きたコミュニティによって維持されているエサレンは太陽の下で新しい社会的発明です。1962年以前は、それに似たものはなかった。それ以来、何百もの模倣者がいたが、エサレンのように生き残って繁栄した者はいなかった。2012年に創立50周年を迎えたエサレンは、持続可能な発展への新たなコミットメント、理論と研究のためのセンターのより強力な役割、そして個人的および社会的変革に対する永続的な情熱を特徴とする未来に向けて、今や誇りを持っています。

私たちは、教師と学生がお互いに学ぶことができるように、ワークショップの登録を喜んで制限します。しかし、私たちは多くの点でデザイン的には小規模ですが、教授と学習に対する私たちのアプローチは、広範で進化しています。私たちの伝説的なエサレンのカタログには、いくつかの生涯にわたって十分な学習と変容の機会が含まれています。究極的には、私たちが行うすべての目的は、エサレンが各訪問時に勇気を感じさせるようにすることです。新しい勇気の宝庫、成長のための新しい道具、新しい冒険感を発見する場所です。

エサレン?それは旅行で、半分で、次にいくつかです。


 エザレンのゲシュタルト

gestalt-therapy-at-esalen

40年以上にわたり、エサレン・インスティテュートは、生涯にわたる個人の成長、一体的な教育、コミュニティ生活へのゲシュタルト心理学モデルの応用のリーダーです。Gestaltモデルは、過去1世紀にわたる広範な研究と社会研究に基づいて、感情、期待、実施形態、関係、文化によって深く条件付けされた、積極的で建設的なプロセスであるという認識と世界理解を科学的に立証した最初のモデルでした。つまり、私たちの世界の経験は常に実験的なものであり、常に解釈的なプロセスであり、常により大きく、より深い視点と理解に開放されています。最終的に私たちの行動は、古典的な行動主義モデルが持っていたように、単純な刺激反応や報酬条件ではなく、私たちの個人的かつ共通の意味づけによって決定されます。したがって、より深い認識、接触、同様に、ゲシュタルトは、「心、体、精神、そして関係」が、人間の経験の不可分の次元であり、一緒に進化する(または逮捕され続ける)という現代の理解を先駆けて開拓してきました。エサレンでは、この理解は私たちが提供する公共プログラム、私たち自身のコアコミュニティのための住宅教育プログラム、そしてエサレンセンターでの先駆的な新思考カンファレンスやその他のイニシアチブといった、理論と研究のために ゲシュタルトセラピーは、1964年にエサレンで紹介されました。フリッツ・ペルスが5年間生きて教えるエサレンに来た時です。彼の形のゲシュタルトセラピーは、主にエサレンとの関係を通じて、アメリカおよび世界各地で広く知られるようになりました。ディック・プライスはフリッツの仕事から多くを得て、他の伝統の次元を加えて独自のゲシュタルト・プラクティスを作りました。これはエサレンのDNAに深く組み込まれています。

エセレンでの基本的なゲシュタルトの練習は、自分自身の認識、他の人の意識、私たちの共有する経験的な分野における関係と支援の意識から始まります。この見解では、私たちが作り出す意味と経験に責任を持ち、同時に、安全性の条件と他の人々のより深い認識とコミュニケーションの実践への支援についての責任を担っています。私たちが一緒に成長して責任を果たし、他者を支援する能力を身につけていくうちに、私たち自身の視点でより複雑で多様なものを保つ能力は進化し続けています。

私たちの基本的なコミュニティーの練習は、ゲシュタルト情報に基づく対話です。「対話」とは、質問、透明性に基づくコミュニケーションと、「内部から」の各コミュニケーションを理解するための共通のコミットメントを意味し、対話相手が彼らのポジションだけでなく価値観や感情的選択肢はそれらのポジションの背後にあり、なぜ私たちのそれぞれが私たちが持っているポジションを保持しているのか。対話の目的は、議論の中で勝つのではなく、挑戦されている私たち自身の恐れ、予測、仮定を所有して、より包括的で複雑なものへの私たち自身の視点を進化させることです。当社の最善のソリューションは、このプロセスの中で協調的に出現します。

今日、知覚、認知、物語、シナリオ生成の基本的なゲシュタルト心理学モデルの影響と、脳における意味システムの創造は、この脳プロセスの理解が心理学の全分野に根ざしている点にまで広がっている。ゲシュタルトの心理学は、今日の脳のモデリングと認知神経科学の革命の基礎を提供する一方で、行動、感情、信念、理解の基本パターンがどのように形成され、どのように変化するかについてのゲシュタルトの理解は、組織的な仕事、および適用された心理学の他の分野。

ここでエサレンでは、より大きな社会的および組織的複雑性を管理し、認知的、感情的、身体的、精神的、コミュニティ的な生活の一体性について、より深い経験と制定を進めるために、私たちは引き続きゲシュタルトの認識と対話の慣行を引き出しています。


エッセンインディアン

esselen-hands

Tassajara近くの狭い峡谷の洞窟の中で岩の倉庫は手で塗られています。夕暮れの手の群れ、人間の手のひらの雲、それ以上のものはありません。誰も言いません 死んでいる茶色の恥ずかしがり屋静かな人々が宗教や魔法を意図したかどうか、または芸術の怠惰の中で彼らの歩みを作ったかどうか; しかし、これらの慎重年の部門にわたりサインマニュアルは密封されたメッセージのようになりましたと言って:「探します。我々はまた、人間だった。私たちは、手ではなく足を持っていたすべての雹賢い手、私たちのsupplantersであなたに人々を美しい国で:楽しみます彼女の季節、彼女の美しさ、そして下に来てください。そしてあなたは人間でもあります。   – ロビンソン・ジェファーズ(Robinson Jeffers1887-1962

手。古代の絵文字が岩のシェルターの壁に刻印されています。険しいサンタルチア山脈にあるエサレンの東に12マイルあります。Robinson Jeffersがこれらのハンド「サイン・マニュアル」を呼んでいるのは、時間の沢山の間に私たちに語りかけることです。彼らはかつて私たちの前に無数の世代、他の人間がこの土地に住んでいたことを「美しい国で」宣言しています。

彼らの長い、炎のような指を持つこれらの不思議な手は、約4000年前にエッセンインディアンによって残されました。おそらく、これらの画像を作った人々は、指先を石灰混合物に浸し、岩壁に押し当て、残りの手のひらを縦線で埋めていたでしょう。今日、これらのイメージを「ロックアート」と呼んでいます。ほとんどのカリフォルニア種族は芸術のための言葉を持っていませんでした。彼らがしたことはすべてアートでした。

人類学者は、これらの手は儀式の一部であり、おそらく成年前の儀式の一部であったと推測している。私たちは決して確信しません、私たちは推測することができます。

これらの手は私たちの中の何かに触れます。彼らは生きているようだ。ジェファーズのように、私たちは彼らのメッセージを探します。彼らは上に達していますか?外向き?彼らは祈っていますか?プレスの単純な行為では、これらのイメージを作成した人間の手は、この単純な宣言をしていました:我々はここにいる

エセレンインディアンは、エサレン研究所が現在居住している土地を含む、約750平方マイルのベンタナ荒野を網羅した先住民族です。彼らは元の部族であり、現代のエサレン氏族何らかの形でエサレンを「祖国」とみなす世界的な家族が名前を挙げています。

Esselenという名前はおそらくEx’selenとして知られている部族の場所から派生したもので、おそらくXue elo xonia euneというフレーズから派生したものです。今日、古代の存在を宣言している岩壁の絵画図のように、エッセンの人々は岩から来ました。

Jeffersが想像したように、手はこう言います。彼らは、この心臓が揺れ動く土地の一時的な管理人であることを認識した人々がいました。彼ら、そしてここに住む次世代のすべての世代は、人生は変わらずに転がった。

今日私たちのメッセージは何ですか?私たちがこの土地に「置き換えた」これらの地元の人々は誰でしたか?私たちはいつか、神聖な土地の世話役として代わりされるという不変の確実性の他に、エッセンと何を共有しますか?

エセレンについてはほとんど知られていないが、人類学者や歴史家はいくつかの結論を導いている。セントラル・カリフォルニアのエセレンの存在は10,000年前のものです。証拠は、彼らがここに癒しのために使われた温泉によって描かれたことを示唆している(泉のエッセンの言葉は水の中の神を意味すると信じられていた)。彼らは暗くて髪がしっかりしていて、短くて枯れた人々でした。出生時に軽い肌をしていた彼らは、太陽の下で鈍い黒をそんなに多くの時間から変えると評されました。男性には顔の毛がありました。

エセレンは平和な人たちだったようです。大戦争に従事したことの証拠はないからです。貿易業者と共有者は、ドングリ、魚、塩、バスケット、皮、皮、貝殻、ビーズを手にした。彼らの食事は、主にココナッツで構成されていました。太平洋から、彼らは捕獲し、魚、アワビ、およびイガイを集めた。ビッグサーの丘の斜面から、彼らは鹿を狩りました。

鹿。鹿との親密な関係は、自然界全体との関係を象徴していました。鹿は兄弟の精神だった(註 人間と動物を同等と考えている)。男性にとっては、狩猟は数日間の浄化と断食を準備した宗教的活動でした。この時間に栄養が必要だった場合、彼らは鹿が食べたものだけを食べました。その後、彼らは彼らを狩りに招待するという好意的なビジョンを待っていました。

彼らが鹿と同じ精神であると信じて、彼らはしばしば鹿を酔わせるために強い幻覚剤であるネイティブタバコを噛んだ(註 大麻)。それから弓と矢で、彼らは狩人を征服者ではなく兄弟として狩ります。狩りの後、鹿の皮剥きの間に誰かが気難しかったり怒ったりすると、彼らは鹿の霊に怒らないように休止して休息した。この中で、彼らがしたことのすべてにおいてそうであるように、エッセンは自然とは別に、自然の一部であった。

彼らはすべてのことを聞き、学ぶ能力を持っていました。彼らはすべてが生きている、赤木の木、森林の道、風、海、岩、月、星などを見ました。すべては力、記憶、知性、歴史を持っていました。したがって、彼らは彼らが見たすべてのものに木、玉、ランドマーク、彼らが旅した道を名づけました。もし彼らがエネルギーの変化を感じたならば、彼らは道の別々のセクションに別々の名前をつけるでしょう。

エセレンにとって、精神世界と物理世界は不可分でした。同様に、起きている状態と夢の状態は、同じように生きていて実在していました。歌は生きていて、動物の精神のような人に入った。ダンスは生きていた、体の祈りの一形態。

シャーマンは、精神世界への仲介者であり、現実のより微妙なレベルでした。シャーマンは男性か女性のどちらでもかまいません。女性たちは、ハーブや植物の癒しの方法で練習し、賢明でした。植物の治癒力が有効であるためには、女性がその植物と深く関係している必要がありました。同じように、植物が畏敬の念を払わずに収穫された場合、その治癒の可能性は損なわれるでしょう。

部族の長老たちは深く名誉を与えられました。エッセレンは、長生きするためには精神世界と良い関係がなければならないと信じていました。長老たちは種族神話、植物や動物の伝承、歌と踊りのサイクル、外来種族の名前と習慣、領土内のすべての神聖な場所の場所と霊的な力の貯水池とみなされました。部族のトーテムはフクロウ(註 イルミナティのシンボルはフクロウ)で、彼らは「祖先の霊」と信じていました

部族の幸福であるエセレンにとって、そして、延長として、彼らが切り離せないと感じた自然界の幸福は最高のものとみなされました。同時に、彼らは無条件で包括的であっても、部族のすべてのメンバーに余裕をもたせる無条件の包括性を実践しました。すべての活動は地域社会の福祉に向けられていましたが、各個人が真実の部分を保持していると信じていたので、誰も除外しませんでした。

エセレンの最初の記述は、1602年にスペイン人船長のセバスチャン・ヴィスカイノがモントレー湾を航海したときのヨーロッパ人との最初の接触だったでしょう。Vizcaino氏はエゼッセンについて次のように書いています。「Vizcainoに同行しているFray Antonio de la Ascencionによると、「港は人の人、良い先住民、よく捨てられた人に囲まれています彼らは彼らが持っているものを与えるのが好きです彼らはこの港で裸になります(註 現在も、男女関係なく裸になる)

カリフォルニア州中央部のスペイン人のプレゼンスが高まるにつれ、先住民族の人口は徐々に減少しました。エッセレンは、ピーク時に約1,200人にのぼり、エセレンに免責されていない病気を導入したスペインの植民者と司祭たちによって、18世紀の終わり近くに存在していなかったと一般に考えられていました。

より最近の証拠によれば、いくつかのエッセンはミッションから脱出し、険しい内陸の山々に後退し、その後インドの伝統を否定して生き残ったことを示している。今日、エッセンが全面的に残っているわけではありません。その子孫の見積もりは、約80人からエセレン・ネーションに所属する約350人のメンバーまで様々です(エセレン・ネーション・トライバル・カウンシルによると)。

Esselenの成果物矢頭、石器時代の道具、アワビの殻などが時々エサレンで発見されることがあります(炭素年代測定は4,630年という古い年代を示しています)。エサレン庭の豊かな土は4000年前のエッセンの殻の上に座っています。毎回、古代のささやきが聞こえてきます。私たちのより賢い手Jeffersの言葉で)を取り入れた先住民族の思い知る者は、これを取り戻しました。

この糸に続いて、エッセンの手が今も生き残っていることを想像するには、おそらく、エッセンのマッサージ実践者の身体、精神、精神を統一した21世紀の世界に生まれ変わりました。

エサレンでは、私たちの日々を記して意味のある儀式的象徴的な儀式を創造し、地球、天、そして私たちが密接に織りなされているすべての生き物とのつながりの感覚を深めるために、 、ネイティブアメリカンの伝統から借りたことが多い:話し棒、汗ろうそく、火球、ドラム、ガラガラ。私たちは、前任者が持っていたと想像している縛られていない団結、所属、敬意を待ち望んでいます。私たちは、世界との一体感を素早く受け入れています。この意味で、意味のある儀式の私たち自身の文化遺産は、よく乾燥しているように思えます。

私たちはこの身体です

ジョン・マーフィー(John Murphy)は、エサレン・キャンパスに隣接するホットスプリングス・キャニオン(Hot Springs Canyon)に、子供時代の釣りや建物の大部分を費やしました。彼はこれらの初期の経験に対する生態学者としての職業を辿っている。Johnは、2013年夏にEsalenで開催されたDon Hanlon Johnsonの会議とエコアクティビティに関する会議に参加した後、このエッセーを書きました。
私たちはこの体です。山と森、骨と肉。冷たい流れと暖かい涙。風と笑い。

私たちは、私たちの足の肌が地球の肌に合っていると感じる神経です。私たちは土と根です。私たちは樹皮と葉、森林、耕作地、果樹園です。私たちは器用な手であり、彼らが私たちの口に持ち込む果物と、私たちの舌を刺激する華やかな香りです。私たちは、血、筋肉、脳に流れる甘い糖です。私たちは考えています。私たちは視覚です:鳥の鼓動の波、私たちの耳の膜、雲と空の絵画の威厳は、私たちの視覚野の青と白です。私たちは空と空気、そして細胞の炉の中で砂糖の分子で発火する酸素の分子を運ぶ呼吸です。

この身体はすべて私たちのものであり、すべてのものです。これらの遠い銀河、これらの燃える情熱、これらの新しい技術、これらの古代の恐れです。私たちは海と白い街灯、バージン・ジャングル、モノカルチャー・ファクトリー、青々とした庭園、有毒な荒れ地などを輝かしくしています。私たちは、霊長類、パスネリアン、コリパラタン、フォーブス、スピロヘータであり、反対、協調、競争、そして私たち自身の中で調整しています。

この身体の部分には、全体を把握するためのさまざまなニーズと能力があります。口や目が欲しくない石は、1億年の交互の安息と大惨事の中で、静かで内容が豊富です。それは往復運動の必要なしに土壌に与える。

木は、壮大な野心の中で、土と水と太陽と大気を知っていなければなりません。その存在には、より大きな身体との動的な交流や相互依存が必要です。

オーケーは、6方向、その流れと潮汐、そしてその獲物の複雑な習慣で海を理解しなければなりません。生活と狩猟は共同体的に、社会構造を維持し、その生活が依存する生き物を追跡し克服するために、仲間と情報を交換し、協力しなければなりません。

シールは、自分の獲物を海の共通の体内で狩るために、オーカに与えられる危険があります。

人間は道具を作って言葉で考える。これらの属性は、概念化、コミュニケーション、環境形成、他の生物との競争に比類のない力を与えますが、バランスを失う大きな傾向もあります。私たちは世界でもっとも汎用性が高く、創造的で危険な種です。そして私たちは、すべての生き物の経験を想像したり気にかけたりできる唯一の種です。

さまざまな進化段階で、私たちは完全に縛られた自己の幻想を発達させ、個人の死を認識し、大きな身体の遍在する生活の多くの意識を失った。私たちは自分の錯覚を払拭することはできません。それは私たちの不可欠な部分、そして偉大な体の一部になっています。言葉やルール、理想のように、この抽象化はその価値があり、全体としてその場所があります。木の樹皮やオーガの歯のように、それは私たちが生き残り、繁栄するために必要なものの一部です。そして、自己や個人的な死に惹かれたのは、愛や芸術、倫理などの事象の概念です。これらの発明は、すでに宇宙へのユニークな贈り物を提供してくれており、私たちの種の未来を確保するチャンスを与えてくれるでしょう。

私たちは自己を取り除くことはできませんが、私たちはより大きな文脈に自己を置くことができます。このような状況がなければ、孤立した終末の存在に対する固定は、恐怖、怒り、孤独を悪化させ、自己吸収、虚弱、中毒、および病気を促進する。あるいは、より大きな存在の一部として自分自身を構成することができます。この経験は神秘的かもしれませんが、それは世俗的に昇華することもあります。それは、私たちの個人の体と全体とのつながりを直接認識することです。それは、肺に突入する空気のチャネルと同じくらい親密であるか、10,000個の星の光が私たちの目に突入するほど広がります。それは友人の目や見知らぬ人のうなずきです。クリケットの催眠術、または別の時代に作曲された音楽の一種です。生きている人と死んだ人の両方で、仲間とシルエットの両方を持つ人によって構成されています。

喜びと不思議、葛藤、欲求、不公正、恐怖、苦しみとともに普遍的です。苦しみは避けられませんが、私たちがより大きな体に暮らしているときには、それはすべてが犠牲になるわけではありません。

癒すことは全体を作ることであり、最も深い治療法は、私たちの個人的なものだけでなく、全身を癒して、私たちの友人やパートナー、私たちの親戚、私たちのコミュニティ、土と水との調和私たちの植物や動物のいとこ、そして偉大な身体自体に、物質的に、そして想像されています。事の性質上、この作品は決して終わらない。意図は、完璧ではなく、治癒のフォントです。

私たちはこの体です。山と森、骨と肉。冷たい流れと暖かい涙。風と笑い。

カオスとバランス。混乱と知恵。同情。

John Murphy
Fall 2013


私たちの使命と価値

半世紀にわたり、エサレンは、世界を変革した新しいアイデア、方法、つながりを生み出し、促進し、文化の形を変えている主な思想家であり続けてきました。将来に向けて、私たちは豊かな遺産を称え、今日の私たちのイニシアチブとアウトリーチを祝い、私たちの共通の人間の未来を明日の緊急の世界文化に取り入れます。

エサレンは世界を奉仕するために存在します。私たちは、この場所の深く変容する力を信じ、退去と避難は常に最終的には自分よりも大きなものになるべきだと認識しています。だから私たちは潜在的な能力を発揮し、あなた自身の意識や自分の意識を再活性化するためのツールを提供するために組織されています。

私たちは教義を超えて、より精神的な可能性を探求し、自己と社会の新しい理解を築き、変化の新しい道筋を開拓し、変革から変革への弧を追うようにします。

エサレンビジョン

エサレンは人類の変容の主要な触媒であり、身体、心、精神、コミュニティを環境と育つ関係で統合するために個人や機関と協力しています。

エサレンミッション

エサレンは、経験、教育、研究を通じて人間の潜在力を探求し実現するための主要なセンターです。私たちは、伝統的な大学や宗教によって探究されることのない質問への答えを求めて、より公正で創造的で持続可能な世界の実現に向けて努力しています。私たちは先駆的な取り組みをスポンサーし、住民、インターン、およびワークショップ参加者のための個人的、精神的、社会的変革プログラムを提供しています。

エサレンの価値

    • 人間の可能性は私たちの想像力を大きく超えています。
    • 人間の可能性の実現は、宗教的で科学的な教義を超えている
    • 私たちの精神的、身体的、感情的、精神的、社会的な次元は、密接に結びついています。
    • 意識の変容は世界の変容の基礎です。個別に、集団的に、そして社会システムにおいて、
  • すべては、愛し、学び、感じ、創造する可能性を共有しています。エサレンはこれらの可能性を探り、多様性の統一を讃える

エサレンの実践

成長。私たちは、心、体、心、魂、そしてコミュニティのすべての側面で完全に生きる、愛する、学ぶ、深く感じ、創造する可能性を実現する権利を共有します。私たちは自分自身を明らかにするためにリスクを冒しています。私たちは学習機会を提供し、個人的、社会的な変容をサポートします。

サービス。私たちは、関係やコミュニティーを大切にし、他の人の成長に私たちの経験とサポートを提供することによってサービスを提供します。

責任。我々は、私たちの選択、態度、行動を含む人物を知り、全責任を負います。私たちはそれぞれの状況において私たちの役割を認識し、私たちの行動が他者に影響を与えることを認識します。

誠実さ 私たちは、私たちの価値観、信念、言葉、行動の合同を目指し、本物の自己表現を育むよう努めています。

スチュワードシップ。私たちはエサレンとその土地を世話します。私たちは、私たちが利用できるすべてのものを使用する方法について責任を負います。私たちは、今ここにいる人々と続く人たちを考慮して自然界を理解し、交流します。

存在。私たちは体と感覚に戻り、今ここにいて、この瞬間にあるものを完全に体験しようとします。

コミュニティ。私たちは、あらゆるものの相互依存性、人の多様性、考え、行動、信念を認識しています。私たちは、私たちの行動や態度が全体に影響を与えることを認識しています。

感謝。私たちはそれぞれの瞬間の贈り物を認識し、尊敬します。


グリーンを超えて:エサレンのサステイナビリティ

エサレンは、環境に配慮した個人および社会の変革のための最先端のプラクティスのモデルおよび思想的リーダーです。

エサレンのビジョンは、50年近くにわたり、人類の変容の主要な触媒となっています。私たちは、身体、心、心、精神、地域社会を環境との絆のもとに統合するために個人や機関と協力して、人間の可能性が私たちの想像力を大きく超えていると信じています。「持続可能性」という言葉を使用しなくても、エサレンのビジョンと価値観は、持続可能性の精神を人間の潜在的な動きの不可欠な要素として捉えています。

今日、エサレンの持続可能性は、環境問題に焦点を当てた伝統的な定義と、より包括的で統合されたアプローチへの「グリーン」にまで拡大しています。可能な限り、私たちは、ミッションを果たし、エサレンを運営することに関わる社会的、文化的、経済的、環境的な影響を考慮して、パーマカルチャーの倫理と原則(全体主義的、再生的設計システム)を適用します。リビング・ラーニング・コミュニティと意識的なビジネスの両方で持続可能な開発の変革を抱く私たちは、現在と将来の世代のためにエサレンの健全な生活と環境を確保するよう努めています。

エサレンは、モントレー郡を通じて認定グリーンビジネスで、複数年打ち上げの過程で現在サステナビリティ行動計画緑を超えて成長している中で、組織を案内します。

サステナビリティ倫理と指針
ミッション

私たちの目標、優先事項、成功のための措置は、エサレンのビジョン、使命、価値観、そしてプラクティスが個人的および社会的変革の触媒になることと一致しています。

惑星

エサレンは、私たちの行動が他のコミュニティと自然のシステムに及ぼし得る影響を認識し、そしてそれは、尊重保全、そして私たちの自然環境と資源を回復する道徳的義務を負っていると考えています。

エサレンは現在と未来の世代の両方の生活の質を確保することに専念しています。これには、私たちの愛する人コミュニティ、ゲスト、そして人類の世話を含みます。

提供

エサレンは、将来の世話のために経済的な繁栄を提供し、共有するために、持続可能なビジネスとコミュニティの慣行を採用しています。

参加しませんか

私たちはあなたに持続可能な慣行についてのディスカッションに加わることをお勧めします。エサレンの成長と改善のためのアイデアや提案がある場合は、sustainability.committee @esalen.orgに電子メールを送ってください。


戦略的イニシアチブ

これらは、エサレンが2012年以降に進めている5つの重要な取り組みです。この戦略的な計画を実行することで、Esalenは引き続き質問、革新、継続的な改善の場となります。

1.意識的な学習組織としてのエサレンの活性化

エサレンでは、継続的な学習と私たち自身の進化にコミットしている意識的で持続可能な組織を実証することを願っています。感情的、関係的、精神的、そして全体的なシステムインテリジェンスと財政的責任を達成するホリスティックな原則に基づいています。エサレンは、自己学習、イノベーション、改善の場となり、ここに来て人々が自分自身で開発しようとする資質を組織として具現化し続ける一方で、ハイパフォーマンス意識の高い企業のランクに数えられます。現在進行中のいくつかの例は次のとおりです。

エサレンの持続可能性行動指針の実施
すべてのレベルで意識的なリーダーシップ才能の育成
クロスファンクショナルチーム(リーダーとチームのリーダーのチーム)の開発

2.組織の妥当性とミッションへの影響を高める

エサレンは、より公正で創造的かつ持続可能な世界を明示するための鍵として、個々の人間の潜在力と個人的な変容の力を信じて成長しました。今日、エサレンは、社会の集団的な再生と世界の意識を次のように触媒することを目指しています:

新しい教師と進化指導者を募集し、最先端のコンセプトで公立計画と住宅教育を浸透させる
エサレンのウェブサイトを介してコンテンツを多様化し、その普及を拡大することにより、理論と研究の集まりや一般市民の参加を増やす
エサレンの遺産分野(例えば、市民外交や関係心理学)や持続可能性や意識的なビジネスなどの分野で諮問専門家のネットワークを構築する。これらの協議会のメンバーは、地域社会の大使として機能し、エサレンの新たなアイデアやパートナーシップ組織へのコネクターとして役立ちます。

3.エサレンの土地管理制度へのコミットメントを更新する

エサレンでは、シンプルな宿泊施設と組み合わせた土地の力と魔法が、エサレンの巡礼の場としての魅力の中心となっています。しかし、私たちのインフラは悪化しており、保全の観点からはますます非効率的です。私たちの持続可能性の目標に沿って、すべてのセミナーや住居スタッフの宿泊施設を改善するために、エサレンは世界的な建築家や環境専門家と協力して次のことを行います。

長期的な持続可能な再開発計画の一環としてキャンパス全体を再構築し改装する


4.
魅力的なコミュニケーション戦略を作成する

エサレンの使命を達成するためには、世界の構成員と協力して、より多くの多様な視聴者にアプローチしながら、思想的リーダーとしての私たちの役割を取り戻し、活力を回復しなければなりません。

私たちの努力の基礎は、グローバルなエサレン共同体を共同創造するためのプラットフォームとなるウェブサイトです


5.
ユース&ダイバーシティのためのアクセスを拡大する

半世紀前、エサレンの設立は豊かな青年運動によって生まれ、世界中の人間の可能性と世代間学習のモデルとなりました。(註 ニューエイジ運動)この世代間の相乗効果は、エサレンの将来の成功の鍵となり、世界での関連性を維持する鍵です。エサレンはこれを達成するでしょう:

青少年リーダーシップ研究奨学生月間(大学の単位取得を目的としたもの)
若者指向と世代間のワークショップと会議
インターネットベースのコミュニケーションとアウトリーチ
ダイバーシティ&ユース奨学金

エサレン人

コミュニティはあなたの贈り物を受け取る場所です

シーザーとチェンジエージェントのエサレンのコミュニティにようこそ。居住地や世界各地、またここに戻ってきます。Esalenへようこそ。あなたの人生の旅のあらゆる段階で何度も何度も何度も歓迎します。

私たちはコミュニティと人材のモデルを「求む者を求める求道者」と呼び、Esalenのコミュニティ/スタッフの各メンバーは、自分の変容とサービスの道に沿っています。

エサレンでの私たちの仕事は、奉仕を通じて返還するチャンスであり、私たち自身の個性的な発達を深め、癒しの変化から私たちの共有する世界の代理人を変えるアークを通して移動します。あなたが夕食やクラスで1年に遭遇するインターンは、後でスタッフ、オープンクラスの教師、ワークショップのアシスタント、リーダーなどとして再び出会うことができます。

共通のスレッド

あなたが最初に到着した後の最初の感覚、最初の現実(場所そのものの影響を受けた後)は、あなたが何らかのベールを通過して、人間の所属と並外れて絡み合った孤独の世界に入り込んだことです。あなたは家族のように奇妙に感じる巡礼者や難民、開拓者、欲求不満の長い、有名なバンドに参加しました。

あなたの最初の夜の夕食の雰囲気は、あなたが「見知らぬ人」であるにもかかわらず、奇妙なことに、肩から肩までの尊敬の気持ちで、人々は抱きしめて織り、グレース、名前でサーバーに話を聞いて、看板をスキャンして、肩の上から練習し、踏み台を通過して滑り台を通過します。

彼らはしばらくここにいました。または前に。または両方。

あなたは自分が思っていることを見つける。私はそれを行うことができます、それは、そのような人生を生きている。

エサレンへようこそ。おかえりなさい。

 


エサレンで何ができますか?

Esalenの崖側温泉は、Esselen Indiansなどが6,000年以上にわたり儀式と治癒に使用してきました。

1869年、深刻な関節炎に苦しんでいたトーマス・スレート(Thomas Slate)は、そこにある水域で発見されるユニークな治癒特性を聞いて、温泉を訪れました。1880年代初頭までに、彼はその土地にホームステイを行い、スレート・ホットスプリングスと呼ばれる和解が始まりました。このサイトは、Big Surの最初の観光志向のビジネスになりました。類似の苦情からの救済を求めている人たちが頻繁に訪れました。

1910年、この土地は近くのSalinasJohn Steinbeckを含むサリナス渓谷の多くの子どもたちの出生に出席した)と彼の妻Bunnyの著名な医師Henry Murphyによって購入された。Murphysは、まだ建設されていないHighway 1が完成したときに、ヨーロピアンスタイルのヘルススパを開設する意向でこの宿泊施設を購入しました。かつて始まった道の建設は18年間のプロジェクトでした。正式な事業名は「ビッグ・サー・ホットスプリングス」でしたが、一般的には「スレートの温泉」と呼ばれていました。ヘンリー・ミラーは頻繁に訪れました。ジョーン・バエズは居住者であり、献身的な社員であるHunter S. Thompsonという斬新な作家であった。

バス

丘の下には屋外マッサージデッキがあり、ネイティブの沿岸草に植えられた「リビング」屋根があります。この上層階には、車椅子でアクセスできるリビングルーム、シャワー、バスルームに加えて、身体障害者専用のエレベーター付きの専用ホットタブがあります。

バスの下位レベルは、永遠の噴水に向かって降りることによって入力されます。下のレベルには、トイレと2つの側面、「静かな」と「静かな」側面があります。それぞれの部屋には部屋があり、シャワールームにはガラスの壁が海に腰掛けてあります。屋内と屋外の両方の下の階にいくつかの浴槽がありますが、プライベートの爪掛けの浴槽もあります。上層と下層の両方にマッサージルームがあります。タオルが供給されています。

儀式

私たちは、春、特に「衣類のオプション」に行くという伝統が依然として強い反応を引き出すことができることを理解しています。だから、いくつかの文脈が整っている。スプリング(「風呂」または「浴槽」としても知られている)を訪れることは、衣服の服用が必須ではない(結局、私たちは軽く犬の服を着る)。

しかし、私たちの泉は単なる寛容ではありません。水着を着用しているかどうかにかかわらず(註 温泉では、男女全員裸で混浴が当たり前)、毎日、または一生に一度、春に浸ることを選択する人にとっては、エサレンを冒険の唯一の場所にしていることの多くを体現しています。見事な美しさ、心身に畏敬の念を抱かせる猶予、そして大きなイコライザーであるバースは、会話、熟考、コミュニティに栄養を与えてくれます。彼らの暖かさとおなじみの奇妙さは、私たちの再考と再確認を促します。

温泉はエサレンが単なる別の撤退ではないことを常に思い出させるものです。文学的にも比喩的にも、温泉は私たちが人生を満喫できるようにします。温泉水とその癒しの特性の詳細については、温泉の分析をご覧ください

 


エサレン創設者

DickPrice&MichaelMurphy-sm

マイケルマーフィー

彼の熱意、エネルギー、ユーモア、そして洞察は、世代の個人改革者や社会改革者を奮闘させました。評判で彼を知っている人に彼は単に顕著です; 彼は個人的に彼を知る喜びと特権を持っている人に、彼は超越しています。

ロバートライヒ

Michael Murphyはエサレン研究所の共同創設者であり、エサレン研究所の理事長であり、エサレンの理論と研究センター(CTR)のディレクターを務める。

カリフォルニア州サリナスで生まれ育ち、1952年にスタンフォード大学を卒業しました。彼はインドのポンディシェリにあるSri Aurobindo Ashram1年半暮らし、1962年にはスタンフォード大学の卒業生であるRichard Priceと一緒にEsalen Instituteを始めました。Big Surでは、PriceMurphyMurphyの家族が所有する土地に魔法の壮大な生きている実験室を共同制作しました。マイケルは、エサレンは、癒され、全体が作られる何千人もの人々のために起こる不思議に焦点を当てるだけでなく、様々な分野の社会進歩のために働き、人間本性の潜在的可能性に関する基礎的研究を支援することを主張しました。

1980年代に、マイケルと彼の妻Dulceは、エサレンの先駆的なソビエト・アメリカン・エクスチェンジ・プログラムを組織する上で重要な役割を果たしました。このプログラムは、ロシア人とアメリカ人の市民と市民の関係のための最高の手段となりました。エサレンは1989年にボリス・エリツィンの米国訪問を開始しました。これは、米国、資本主義、ソ連の未来についてのエリツィンの変化に貢献しました。この成功は、ユダヤ人、キリスト教徒、イスラム教徒の間の理解と癒しの取り組みであるエーザレン市民外交プログラムを中国にもたらし、ロシアとアメリカの関係をさらに発展させました(註 ニューワールドオーダー)

マーフィーは、Esalen Instituteの画期的な研究センターであるTheoryResearchCTR)のセンター長です。Murphyは、死後の生存の経験的証拠を探求するもの、科学的および神秘的な見解を調和させる進化のビジョン、そして瞑想研究に関するものを含む探求を含む、多くのCTRイニシアチブをリードしている。

マーフィーのための準備作業のボディの未来は今、カリフォルニア大学サンタバーバラ校で収納されている例外的な機能の1万件の以上の研究を含んでいるアーカイブの構築を通じて、1977年に始まりました。

マーフィーとジョージ・レオナルドのIntegral Transformative PracticesITP)プログラムは、スタンフォード大学医学部によって研究され、ノンフィクションの本The Life We Are Givenに影響を与えたのはこのプログラムでした。マーフィーはまた、神と進化する宇宙を共著しました。ゾーンでは、特別なスポーツ経験のアンソロジー。そして、瞑想の物理的および心理的効果。マーフィーの小説「ゴルフ・イン・ザ・キングダム」は、2011年に全編の長編映画としてリリースされ、出版されてから30年が過ぎた今でもベストセラーです。彼はまた、シヴァスアイアンズの王国、ジェイコブアタベー、そして通常の歴史の終わりの 3つの小説を書いた。

リチャードプライス

すべてがどのように起こるかという単一の原則は素晴らしいものですが、原則に従う人は彼らが普通であることを知っています。

ジョン・ハイダーリーダーシップの道

リチャード・プライスはマイケル・マーフィーとエサレン・インスティテュートの共同設立者でした。

シカゴのビジネスマンの家族から、ディックはスタンフォード大学を卒業しましたが、2人はその時に出会いませんでしたが、マイケルと同じ年に卒業しました。ハーバード大学で1年の大学卒業後、ディックは臨床的に重視されていないため退社した。彼は空軍に加わり、サンフランシスコ湾地域に駐留し、アラン・ワッツと共同でアジア研究アカデミーで学び、ノースビーチビートシーンの真っ只中で東方の練習を積極的に研究しました。この過程で、彼は精神的なエピソード/精神的な出現を持っていたが、それは視点によると、空軍に入院した。ディックはこの経験から癒され、回復したように感じましたが、両親は私立の施設への約束を守り、電気ショックとインシュリンショック治療を受けて1年間彼の意志に反していました。最終的に退院し、従来のメンタルヘルス治療の有害な性質に深く影響を受け、ディックは自分の体と精神を回復するように設定しました。サンフランシスコに戻って、彼とミカエルは、東西の家で会いました。これは、鈴木俊郎の学生たちが共同生活の場で立ち上げました。

リソースを共有し、利益を共有し、相互尊重することで、Michael and DickEsalen Instituteを設立しました。学問的、医学的、社会学的、宗教的な分野での自由と革新の必要性に同意し、知性的にも経験的にも、また「旗を捉える」アプローチがない場合にも、多様な見解が探求できる空間を作り出しました。マイケルがサンフランシスコに戻り、エサレンの市区町村を設立したとき、ディックはビッグ・スールに留まり、研究所の運営、プログラミング、コミュニティの側面に引き続きコアな方向性を提供しました。彼の熱意とサポートは、アイダ・ロルフ、モシェ・フェルデンクライス、フリッツ・パーズ、スタン・グローフの仕事を確立するのに役立った。とりわけ。彼はNIMHからジュリアンシルバーマンを連れてきてくれた。ジャクダウニング博士と協力して、最初の分裂性統合失調症における薬物レス介入に関する重要な研究を支援している。これらの多様な興味は、ディックのゲシュタルト・プラクティスGestalt Practice)の形成をもたらしました。このアプローチは、東洋の瞑想原理とゲシュタルト構造を体系的に合成し、彼の長期的な学生を通して発展し続けている認識を育む共同体アプローチです。

ディックは1985年に死亡した。

メディア関係

エサレンは、経験、教育、研究を通じて人間の潜在力を探求し実現するための主要なセンターです。私たちは、伝統的な大学や宗教によって探究されることのない質問への答えを求めて、より公正で創造的で持続可能な世界の実現に向けて努力しています。私たちは先駆的な取り組みをスポンサーし、住民、インターン、およびワークショップ参加者のための個人的、精神的、社会的変革プログラムを提供しています。


Esalen Video Lending Library

エサレンには、滞在中のお客様向けの広範なビデオライブラリがあります。

下のリンクを使用して、カテゴリ別またはスピーカー別(姓のアルファベット順)のタイトルをブラウズしてください。

視聴したい番組のID番号、話者の名前、タイトルを書き留めます。エサレンに到着したら、フロントオフィスのリクエストフォームに必要事項を記入してください。ターンアラウンドタイムを保証することはできませんが、DVDはしばしば24時間以内にオフィスでピックアップする準備ができています。

あなたは48時間以内に私たちのメディアライブラリにDVDを返す責任があります。エサレンの書面による許可なく、DVDの複製を全部または一部を複製することはできません。

Esalenのビデオ貸出ライブラリへのこのガイドは、Roy A. Hunt Foundationの寛大なサポートによって可能になりました。

写真は上から下へ:Esalenの創設者Michael MurphyDick Price; アイダ・ロルフ; フリッツ・パーツ; ジョージ・レナード; アラン・ワッツ; アブラハム・マズロー。

カテゴリで探す

アート&創造
バイオフィードバック/催眠/直感的な開発
コミュニティの関心
瞑想的/宗教的/宗教的研究
ダンス/ムーブメント
エコロジー
エサレンアーカイブ
一般的な興味
ゲシュタルトの練習
健康/癒し
ミュージカルパフォーマンス
神話/儀式/シャーマニズム/人類学
パフォーマンス
哲学
政治
心理学/トランスパーソナル
関係/コミュニケーション
科学
ソマティクス(ボディー)
ソ連/アメリカの交換
ヨガ/武道/スポーツ
スピーカー姓でブラウズ


アンナ・ハルプリン:エサレンの思い出

20157

私は約50年前にエサレンで教え始めました。フリッツ・パーズは私を招待し、彼のワークショップで運動指導をしました。彼は、私が動きの気持ちに取り組むことについて快適に感じさせました。私が胸に触れて開かれるとき、学生が一度に涙を浮かべるのを覚えています。私はびっくりした。私は何をしましたか?しかし、フリッツとの仕事を通じて、運動が感情状態を引き起こす可能性があることに気付きました。それは大丈夫でした。エリシャンのフリッツと他の人との私の経験は私を豊かにして、私が自分の考えを決して想像していなかったアイデアを私の仕事に取り入れるのを助けました。

私が常にエサレンで教えることを愛してきたことの一つは、その信じられないほどの自然環境です。私たちはすべて自然の一部です。そのような美しい環境にいることで、私たちとのつながりが高まります。私はEsalenのような場所で、海のそばのインスピレーションとヒーリングの両方を見つける。

Esalenは自然とのこのようなつながりの他に、人類の人生の様子を紹介したり、様々な国の人々と交流する機会を提供しています。私はそこのワークショップで世界中の学生を歓迎していました。何年もの間、私は水曜日の夜、エサレンの全員が招待されたコミュニティダンスを指揮しました。これにより、私はさらに素晴らしい人々と触れ合いました。

私の最近の特別なハイライトは、エサレンのワークショップを私の娘Dariaと共同で教えていることです。私たちはまだお互いに学び合っており、一緒に参加することで、実際の生活の問題に取り組むための創造性とリソースを生み出す動き、描く、詩的な筆跡やその他のツールを使った生活/芸術のプロセスをより深く探究することができます。

Daria Halprin:私のエサレン物語

20157

エサレンでいつワークショップを始めましたか?

私は1975年にエサレンで教え始めました。ガゼボの学校で時間を過ごすために私を連れてきたとき、私は娘の時代に従ってそれを数えています。今夏、彼女は私の5歳の孫娘である娘をGazebo School(註 ニューエイジ思想を植え付ける幼稚園。親がヒッピー上がりが多い)に連れて行っています。私の夫はエサレンへのこの孫娘のこの特別な紹介のためにここにいます。エサレンの年次募金活動の一環として語り手として活動してきた私たちの息子のように、彼は私と一緒にエセレンに来てくれました。彼の姉妹とともに、私はここで仕事をしているときにエサレンの若者として来ました。アンナは、彼女が最初に始めて以来、夏の授業を逃したことはありません。Esalenへの巡礼は家族の伝統です!

誰と一緒に働いたのですか?

エサレンでの私の最初の教えは私の母親と一緒でした。後で私はここで私自身で教えました。そして、ここ数年、アンナと私はエサレンのワークショップを再び一緒に教えました。それは、複数のレベルと3世代にわたるかなり豊かで完全な円でした。

エサレンとのあなたの関係をどう思いますか?

私はフリッツ・ペルスを見るために60年代後半にエサレンに来ました。私はサンフランシスコで初めて会って彼と仕事をしました。彼は私の両親をよく知っていました。私は母親のアンナ・ハルプリンのアーティストとダンサーの一員で、フリッツが何年にもわたって進行中のゲシュタルトワークショップを開催していました。結局私はエサレンに来て、ゲシュタルト治療グループを見守りたいと思っていました。

その前にも、私の両親AnnaLarry HalprinBig Surにキャンプするために私を連れて行き、Partosa RidgeにモザイクのLousia Jenkinsと一緒に滞在しました。ビッグ・サーへの旅行は、思いやりのあるイノベーターとインスピレーションを受けたイノベーターの間で、非常に強力で影響力のある自然、芸術、創造的な接触をもたらしました。キーとなる瞬間、私は自分自身と私の夫との両方でここに来て、反射して再接続し、教えるようになった。身体的、感情的、精神的に再充電するのはとても特別な場所です。

Esalenで特別な仕事をするのは何ですか?

Esalenは、壮大な自然の織り交ぜ、人間の意識への最先端の探索、研究と実験のための一種の実験室を形成する創造的な表現のサイトです。個人的、共同体的、さらには政治的な発達と談話の間の往復は、ここでは重要です。それはされており、私は生きているシンクタンクであり続けることを望んでいるだけでなく、焦点を当てた演劇で焦点を当てた仕事の場所です。

あなたが共有したいと思う特別な記憶は何ですか?

私がここに来るたびに、別の特別な記憶が追加されます。同様に、私が帰ってくるたびに、それは帰郷や共有の歴史の思い出のような何らかの形で感じます。現時点で私たちの生活の中でアンナとここで教えることは特に思い出深いものです!

あなたの人生で重大な変化を触媒するエサレンのあなたの時間にどのような出来事が起こったのですか?(例えば、生活目的、キャリア、関係、霊性、感情的または肉体的な幸福の変化)

フリッツとの私の経験は私を変え、私の人生の仕事を触媒しました!私はゲシュタルト療法に恋しました。後で、特に私の研究とゲシュタルト療法の実践を通して、ダンスと表現力豊かな芸術を心理学と結びつけることに私自身の仕事を集中させました。エサレンに私の最初のソロワークショップを教えてくれることを覚えています。最近渡されたフリッツと想像した会話をしました。私は私の舞台恐怖について彼と話をし、私に教えなければならないものを彼に尋ねました。彼はその3時間のドライブの中で私と一緒にワークショップを計画しました。

より詳しくは、あなたの人生の中で起こった変容は何でしたか?

私はEsalenで多くの影響力のある瞬間を経験しました。注目すべき人々との出会いであるが、一見簡単な奥行きもあります。敷地を歩いて自然を聞くこと。暖炉で演奏するミュージシャン。学者との会話をここで講義する。アートで彼女の挑戦を語る別のアーティスト。それらを多くの簡単で強力な、しばしば予期しない交換とする。

1990年代後半、エサレンで初めての教授経験から20年以上経った今、私はまったく燃え尽きました。私は自分の仕事でやったことのないものから離れたいと思っていた気分の1つにいました。私はダイニングホールに到着し、部屋の向こう側にDaniel Bianchettaがいました。その部屋の初めからエサレン家の一員であり、とても早い時期から私の最高のエサレンの仲間の一人でした。彼は私のことを一目見て、私は彼が唯一行うことができるように、内部の絵を見たと想像しています。彼は私にやって来て、このようなことを言った:あなたが落ちたよ、あなたは疲れた。あなたは教えていますか?私は彼に、私は実際に自己復帰のために降りるだろうと言った。彼は、フリッツがここで練習していたすべてのアーカイブ映像を、早い時期に収集する予定であったこと、そして私が座ってその映画を観ることを発表しました。そして私はしました。そして私は思い出しました。私は今までとは違った形で仕事に戻ってきました。

私がハリウッドでミケランジェロ・アントニオーニの映画「ザブリスキー・ポイント」に出演する前に、別のワイルドストーリーがエリレンのフリッツとイダ・ロルフと一緒に働いています。Idaは物理的に蒸気圧延し、フリッツは心理学的側面を扱った。それはエサレンのメイクオーバーでした!

エサレン関連の変容の時期より前のあなたの人生はどのように見えますか?

私はエサレンにこのような長い間来ていたので、私にとって前向きなことはあまりありませんでした。私はエサレンが私の人生で演奏した部分に懐かしく深く感謝しています。私はここでは野生の子供としてここに来ました。そして、私は自分自身や他の人について心理学的に理解してもらうようにインスピレーションを受け、セラピストになるためにオンになり、最終的に私の芸術的なものに戻ってきました根本的なものであり、変形的なものにできる一種の創造性を見出している。

あなたが私たちの組織について聞いたことがない人にエサレンを説明するなら、あなたは何を言っていますか?

エサレンは、ここにいるだけで開かれていることで、目を見張るような遭遇、深い個人的な対人関係の洞察、そしてつながりを生み出すことができる場所です。それは、毎日一人で一緒にいる場所になることができます。自然の美しさは、身体、心、感覚の深刻な治療と癒しの香りです。

エサレンの個人的、社会的変容を触媒する使命をどのようにサポートしていますか?

私は本当にそれが生きて願っています!元の意図、魂、精神を失うことなく、私たちが変えて成長することを願っています。私たちは集まり、学び、実験を続け、コミュニケートするための物理的な場所が必要です。それは運動の豊かな歴史を保持し、エサレンは新しい歴史を作り続けています。


私のエサレンの変革:ドン・ハンロン・ジョンソン

20152

私の人生の後半はエサレンなしではどうだったのか想像できません。

私は1967年にイエズス会としてここに来て、約3ヶ月後に私の聖任期を準備しました。私が出席したワークショップは、当時のMITの哲学部の議長であった著者・宗教学者ヒューストン・スミスが率いていました。仲間の参加者には、心理学者Will Schutzと体性セラピストのStanley Kelemanや、道教の名門教師であり、道教の古典の翻訳家であるGia-Fu Fengなどのパイオニアが含まれていました。

私がエサレンで経験したことは、私の人生で新しい交響曲のオープニングノートに匹敵することができました。そして、私の体と地球の身体に戻っていくことの意味を理解する半世紀が続きました。Ida Rolfとの訓練; エサレン研究センター(CTR)の下で多くのシンポジウムを開催しました。生物医学研究者、哲学者、精神的な教師、社会科学者を集めて、私たちの一部が身体の分野と呼んできたものを作り出しています。

私はエサレンの寛大さを理由に、私が多くの望ましい機能を使ってこれらのさまざまな分野の世界の指導者が共通のビジョンを達成するために時間を費やすことを可能にしたからです。

– Don Hanlon Johnson


私のエサレン変容の物語:ジャネット・ストーン

Alex Wang Photography

20151

エサレンでの私の経験は一つの出来事ではありませんでしたが、一連の崩壊と解き放たれ、遠近法の大きな変化に貢献しました。 私は、エサレンの地に着いた直後に、軟化が引き継がれ、緊張が緩和されることに気付きました。日の出、日没、温浴に浸した後、深い魂の練習をした後、自然の伝達が彼女の仕事を開始します。神経系の再構築とサル心の落ち着きは、地球の中や私たちの中の私たちの下にある大きな力を思い起こさせるものです。

私は過去6年間、エサレンでヨガ・フェスティバルを共同指導してきました。また、年に一度、少なくとも1つのエサレン・ワークショップを指導しました。私たちが到着するたびに、サンガ(グループ)全体が「荷物」を降ろし、エサレンの財産の意図、愛情、献身によって受け取られるようです。今年は、エサレンの初めての108時間ヨガ教師養成の道を 201528-22日に導くために、エサレンに滞在する予定です。このタイトルは、献身的な感覚から生まれました。この土地の力に囲まれて生まれたような生命目的です。

私はエサレンの資質に合ったトレーニングを設計しました。私は最も意識的で意識的な生活、広々とした意思、質問、栄養に生きることへの献身、最も変形的であることがわかりました。この訓練では、身体、魂、心臓に傾倒することによって、この土地で数十年にわたって実践されているコアの価値を表現することを目指しています。熟考、運動、勉強、創造的な練習(主に信心深い詠唱、革新的なソロとパートナーの動きの形で)自己と他者のケアと栄養のバランスをとることによって達成されます。

創造性と治癒はここに住んでいます。スパで働くヒーラーの愛する手。広いオープンスペース。カールした小さな隅。以前に来た数多くの人々の物語を運んでいる無数の木々。森の深いところから来て、華麗に母の海に戻ってくる滝。栄養を与えて癒す食べ物。ほとんどの時間帯の光と全季節の光。私がこれらに没頭し、生徒たちに没頭するように促し、定期的なスケジュールや活動を数日間休みさせると、変容のための貴重なスペースがあり、私たちの生活を基盤と新鮮な方向に変える献身の更新があります。

エサレンで過ごす時間を過ごしてから、私は明確かつ心からの意思決定を行い、この環境の深い栄養のタイプの時間を別にしておくことがわかりました。私の人生は外では違って見えるかもしれませんし、私たちが便利に指し示すことができたすべての明白なKAAPOW変換を指摘することはできません。変化は、土地、風呂、自然、栄養、そして主に私と一緒に住んでいる人々の微妙な優しさや深い脈動の観点から、より深い真理を思い起こさせます。私の精神的な構造と防衛の仕組みの真実。母親に直面しても、より多くの贈り物やプレゼントに感謝しています。

エサレンが私に近づいてヨガの最大かつ最長の訓練を導いたとき、私はいつも私の子供の世話、週休みの授業の維持、自分のサポートと育成の日常的な活動に従事する、私の家族、そして私と一緒に練習する学生たち。しかし、私が自分自身で見た変容、私の学生、そしてエサレンでのワークショップやトレーニングに長年携わってきた愛する人たちの多くを考えてみると、そのような犠牲を払うことは可能なようでした。エサレンで2週間の訓練と献身的な練習を費やしてくれる私たちと私たちの両方に利用できる、深い変革の可能性があります。

私の最愛の希望は、他の人たちが、私が知っていることを日常生活から離れて、そしてこの独特の親密で没入感のある経験へと飛躍するための道を見つける方法です。献身の道は、生涯にわたるヨガの生徒と教師としての私の価値とエサレンの使命全体の価値との間に感じる深遠な同時性に完全な表現を与えることを目指しています。

~ジャネット・ストーン

エサレン研究所は、人間サタン育成所/「非現実的で 特別な体験」を用意し、あえて高い料金設定で取り込むのが サタンの手口」に12件のコメントがあります

コメントは受け付けていません。